人食いバクテリアの原因

手足が壊死して切断を余儀なくされたり、最悪の場合は死に至る事もある人食いバクテリア感染症。「人食い」という名がつくことや、約30%と高い致死率から、とても恐ろしく感じるかと思いますが、その原因はとても身近にあります。そこで人食いバクテリア感染症の原因についてお話ししたいと思います。

人食いバクテリアの原因菌は一つではありませんが、最も患者数が多いとされるのが「A群溶血性レンサ球菌」です。これは溶連菌という菌でどこにでも存在し、「風邪だと思っていたら溶連菌だった」という人も多く、溶連菌だと知らないうちに治っていたという人も少なくありません。このように溶連菌に感染する事は珍しい事ではありませんが、重症化してしまった場合が「劇症化溶血性レンサ球菌感染症」、いわゆる人食いバクテリア感染症となるのです。何が原因で重症化してしまうのかは解明されていません。

ただし免疫力が低下している時、人食いバクテリアに限らず感染症にかかりやすく悪化しやすいため、生活習慣などには気をつけたいですね。溶連菌はくしゃみや咳などの飛沫感染や接触感染によって感染しますが、劇症型溶血性レンサ球菌感染症は傷口にA群溶血性レンサ球菌が侵入して発症します。ですから喉の痛みが激しい時や、手足が腫れあがったり痛む時、傷周辺がなぜか痛むという時など、ひょっとすると…と思ったなら風邪だろうと決めつけずに病院で受診するようにしましょう。