人食いバクテリアの予防

yobou

この夏、人食いバクテリアの患者数が過去最多となりました。人食いバクテリアと呼ばれている「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は、致死率約30%という非常に恐ろしい感染症です。急激に症状が悪化することもあるため、早期発見できるかどうかがとても重要となります。

とはいえ、劇症型溶血性レンサ球菌感染症の初期症状は、ただの風邪だと見過ごしてしまうような症状でしかありません。喉の痛みや筋肉の痛み、発熱や倦怠感、下痢や嘔吐など、「よくある症状」といっても過言ではありません。「感染してしまったらどうしよう」「見過ごしてしまったらどうしよう」と不安になる人もいるかも知れませんね。

そこで、人食いバクテリアの予防方法をご紹介したいと思います。まず感染症予防の基本として、「手洗い・うがい」は必ず行いましょう。マスク着用も習慣づけておくと良いですね。人食いバクテリアは傷口からA群溶血性レンサ球菌が入ることで発症しますので、擦り傷や切り傷は消毒をして病原菌の侵入を防ぎましょう。そして、体の免疫力を高める事、低下させない事も重要です。免疫力が下がっていると、感染症にかかりやすいだけでなく、重症化もしやすくなります。睡眠不足の解消やストレス軽減、食生活の見直しなどの生活習慣も人食いバクテリアの予防となります。