人食いバクテリアの症状

syoujyou

死に至るおそれもある人食いバクテリア。その患者数が過去最多になった事で、注意が呼びかけられています。その人食いバクテリアとはどういったものなのか、症状についてご紹介しましょう。

実は、初期症状は風邪と勘違いしてしまうような、ごく平凡な症状なのです。発熱や倦怠感、筋肉の痛み・腫れ、喉の痛みなどがありますが、特に珍しい症状とは思いませんよね。ただし、このような症状が急激に変わってしまうのが人食いバクテリアの恐ろしいところです。風邪に似た症状だったのが、数時間から数日のうちにショック状態を引き起こしたり、多機能不全により命に関わる事もあります。

人食いバクテリアとは「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と言い、A群溶血性レンサ球菌が傷口から筋肉や血液に侵入することが原因とされています。傷口が腫れ上がったり、激痛を伴ったり、皮膚に紫の水泡ができたりするようなら、一刻も早く病院に行きましょう。放っておくと手足の壊死に発展する場合もあります。

人食いバクテリアの致死率は30%と高く、進行が早いと言われており、妊娠中の女性の場合は発症からたった1日で死亡に至った例もあります。「ただの風邪だろう」と自己判断はせずに、早めの受診を心掛け、早期発見・早期治療が重要です。

人食いバクテリアとは

「人食いバクテリア」をご存知ですか?

手足の壊死を引き起こしたり、場合によってはショック状態に陥ったりして、死に至るほど重症化することもある感染症です。その人食いバクテリアの患者数が過去最多となり、関係者に衝撃を与えています。

人食いバクテリアと呼ばれているこの病気、正しくは「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と言います。「溶血性レンサ球菌感染症」と言えば、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?そう、「溶連菌」と呼ばれる感染症です。

人食いバクテリアは「A群溶血性レンサ球菌」が原因とされており、決して珍しいものではなく、身近にある菌が原因となる病気なのです。溶連菌は小さな子どもに多く見られる感染症ですが、劇症型溶血性レンサ球菌感染症は30代以上に多く見られます。溶連菌の感染経路は飛沫感染や接触感染ですが、劇症型溶血性レンサ球菌感染症は傷口から菌が直接侵入することが原因とされています。初期症状は発熱や喉の痛みなど風邪と思われがちです。

人食いバクテリアによる致死率はおよそ30%と非常に高く、発症した翌日には多機能不全や死に至る事もあるため、早期の治療がカギとなります。傷口が激痛に襲われたり、急激に腫れたりするようなら、早めに病院で受診しましょう。